仕事をしているふりをして、こっそりとFXや中小企業診断士の勉強をしているチョイワル会社員の日常を覗いてみてください。様々なことをたくらんでいます(笑)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去で「もう死ぬ」と思ったひとこま。
2007年07月13日 (金) | 編集 |
ウシガエル

ウシガエル。。。それは函館生まれのふみっこにとって
憧れの生き物だった。


港町函館の町中には水田がない。
だから「カエル」というものにはあまりお目にかかることも
なく小学校3年のふみっこたちにとって
カエルは憧れの的であり
ヒキガエルやウシガエルなどの大物なんか捕まえた日には
そりゃぁもう町内のヒーローだった。


ウシガエル級の大物がほしい…



だがそんな大物は山の奥地に入っていかなければ
捕ることができないので
チャリしか移動手段のないふみっこたちにとって
ウシガエルは雲の上の存在であった。


そんなある日。
悪がき仲間の駒野が学校で
「俺!ウシガエルのいる“秘密の池”知ってるぜ!」
と言い放った。


「まじか!駒野!!俺らにもその場所教えろ!!!」
その場にいた全員が喰らい付く。


「そーだな。ジュースとアイスとキン消しで教えてやろう。」
「あとカバン持ち1週間な!」

キン消し

コ・ノ・ヤ・ロ・ウ!
その場にいる全員が一瞬殺意を覚えたが
憧れのウシガエルのため、
ボコボコに殴ってやりたい感情を押し殺し
全員で駒野さまを接待し、崇め奉った。


「ウシガエルはな、あそこの砂利道を行った先にいるんだ。」


駒野が教えてくれた場所は、
俺たちにとってはまったくの未知の場所で自転車で
片道2時間30分くらいの場所だった。


だが行けない場所じゃない。
ということで
次の土曜日にみんなで行くことにした。
ハァハァ。。。
夏真っ盛りの午後1時。照りつける太陽のの中
ふみっこ・タクジ・駒野・加藤の有志4人は
その“秘密の池”へ息切れ切れでたどり着くことができた。


ぐぁーーーっ


ぐぁーーーっ


ぐぁーーーっ


(゚∇゚ )!!!!


「おい!聞こえるかあの声を!!ウシガエルだぜ!」
「どこから泣き声が聞こえるっ。やつらはどこにいる!」

ふみっこ達は興奮した。
憧れのウシガエルがすぐ近くの池にいるのだ。
ウシガエル

池の周りを10分くらい調べると以下のことがわかった。
①ウシガエルは池の対岸にいる。
②池の対岸はえぐれていて木が水面に覆いかぶさっていて
 アプローチしずらい。
③ウシガエルのポイント近くにはスズメバチの巣がある。



これは容易ではない。
2時間半もかけてここまで来たのに引き下がるしかないのか。。。
そんな途方にくれていたとき
駒野が石を投げ始めた。


「石をウシガエルのいるとこに投げ込んであの場所から引きずりだそう!」


おお~っ!駒野、お前!あたまいいぜ~!
ということで石をじゃんじゃん投げ入れるふみっこたち。
だがその辺に転がっている石は小さいものばかりで
ウシガエルを引きずり出すまでには至らなかった。


「じゃじゃ~ん!これを見ろ!」
なんと!しばらく見えなかった駒野が
野球ボール大の石ころを集めてきたのだ。


「じゃあ始球式いきまーす!」
ひときわ大きいの石を手に持ち大きく振りかぶる駒野。
駒野。。。オマイ。。。超輝いてるぜ。。。
ふりかぶる

おりゃ~と駒野が石を投げつけた瞬間。
ゴッ!
という音がしたと思った瞬間
ふみっこの目の前が真っ暗になった。。。


駒野が投げた大きな石は、指にひっかかりすぎて
真横に飛び出し、駒野の横にいたふみっこの頭を直撃したのだ!


薄れていく意識。。。


流れ出るあたたかい血。。。


俺はこのまま死ぬのだろうか。。。



「ぎゃはははははははは!ごめんごめん!」
「駒野!てめぇ!!!」

そう。悪ガキのふみっこたちにとっては
頭から血がでることぐらいは日常茶飯事で
特に驚くことはなかったのだ!
かなりの衝撃で足元がフラフラのふみっこだったが
こんなことで倒れる訳にはいかないのだ!


そんな訳で、石投げ続行!
ふみっこは駒野から出来るだけ離れたのは言うまでもない。


「じゃぁ!気を取り直して始球式行きマース!」
再び駒野が大きく振りかぶる!
こんどこそ!

おりゃぁぁぁ!
2度目の始球式は
綺麗な弧を描いてウシガエルスポットへ飛んでいく!



「行けっ!届け~!」
みんなの願いがこもった石が対岸に届く。



バキバキっ!  ガサッ。。。
何かが落ちた音がした。


ん?


ぶおおおおおおおおおおおおおおおおおお…
池の対岸の空がオレンジ色に蠢く!


駒野が投げた石はなんとスズメバチの巣を直撃したのだ!!
「こ、駒野!てめぇ!!!!!」


ダッシュで逃げるふみっこたち!
ぶおおおおおおおおおおおおおおおおおお…
凄い音をたてて飛んでくるスズメバチ!


逃げるふみっこ。追うスズメバチ。
そのうち頭に石の打撃を受けたふみっこの足がおぼつかなくなる。


追いつかれる。。。もうだめだ!!!


「ふみっこ!ほふく前進だ!蜂は地面には近づかないっ!」
と先を行く駒野からナイスアドバイスが!


まさに蜂に追いつかれるギリギリで
地面に這いつくばって「ほふく前進」をする。


ふみっこは恐ろしくて上を見ることができず
ただただ目の前の地面だけを見て死にもの狂いで
ほふく前進をしていた。


「蜂は地面には近づかないか。。。駒野。助かったぜ。。。」
「石をぶつけられたときは怨んだがゴメンな。
           やっぱり持つべきものは友だな…」


そう思ったとき
ぶううううううううううううううう! と
凄い音がふみっこの耳のすぐそばで聞こえ
「ガシッ!」とその音の張本人がふみっこの頭にとまった。
スズメバチ

うわああああああああああああ!
まさに火事場の馬鹿力とはこのことだろう。
死ぬと思った瞬間。
頭にとまったススメバチをすぐに払い落とし
立ち上がってダッシュ!体が勝手に反応した。


無我夢中でどこをどう走ったのかは覚えていない。
だが気付いたときには、
ふみっこは仲間達と一緒にいた。


ウシガエルは捕まえることはできなかったが
何故か全員のこころは満たされていた。
スズメバチの猛襲から無事逃れることができたのだ。


タクジが笑っている。加藤もうれしそうな顔をしている。
そして、ふみっこの横には笑顔の駒野。
ガシッ!
堅く握手する二人。青春の1ページ。
464.jpg



ギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリ!
「駒野!てめぇ!!!!二度死ぬかと思ったぞ!」

612321812.jpg
渾身の力で駒野の手を
握力で握り潰すふみっこなのでした☆


押してくれたらうれしいです!
上位を目指してま~す☆
応援よろしくです(*^ー^)

人気ランキングにも参加してます。クリックお願いします♪


押してくれたらふみっこご機嫌♪
一日に1回クリックお願いします(^-^)ノ~~
ただいま北海道ブログに挑戦中!FC2ブログランキング


【今日のFX談話】
今日は静まり返った相場になっています。
昨日までのあれはなんだったのでしょうか。。。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
tomoさん☆こんにちは。
子供のころにしてたことをもう一度やってみたい!という衝動にこのごろかられますよ~☆
男は永遠の少年ですから(*^ー^)

レミさん☆こんにちは。
女性なのにキン消しを知ってるんですね~。消えもしないキン消しでゴシゴシ字を消そうとしてノートを真っ黒にした経験は当時の男子はみんなしてましたね☆

わいわいさん☆こんにちは。
昔の友人との交流って全くないんですよ…。
函館人は地元に大学や職がないので殆んどが全国に散らばっていきます。就職してしまったらなかなか実家に帰るほどの長い休みが取れない。。。そんなこんなで過去の友人と交流がないんです(;´Д`)
過去の思い出が記憶から消えないようにたまに思い出してブログに書いていきます!

ハリーさん☆こんにちは。
死にそこないにもザブトンをくれてありがとです!

kuriaさん☆こんにちは。
ウシガエル=食用ガエルでしたね☆さすがのふみっこでも食ったことない。。。おいしいのでしょうか?
2007/07/17(Tue) 14:49 | URL  | ふみっこ #3XNUv4lM[ 編集]
画像の使い方が上手いw
ウシガエルはこっちではもう見ないなぁ
1回食べてみたいw
2007/07/16(Mon) 22:39 | URL  | kuria #-[ 編集]
実名!
駒野くんに座布団1枚!笑

死にぞこないには2枚ということで、、、爆
2007/07/16(Mon) 19:46 | URL  | ハリー #-[ 編集]
やんちゃな子供らしい体験ですね。
ドキドキして読み進みました。
カエルなら、毎日遭遇しますよ。
今でもベランダにいたり、洗濯物にくっついて室内に入ってたり・・・。
とても怖いです。
ふみっこさんの思い出のその友達とは今でも交流はありますか?

2007/07/15(Sun) 07:56 | URL  | わいわい #KrlQ3IcI[ 編集]
うーん、青春ウシガエル
すばらしい冒険。
そして懐かしすぎるキン消し。
けっして文字は消えないけどキン消し。
スズメバチも必ずや追いかけられる経験はたいていの人はあるはず。
ほのぼのと話を聞かせていただきやした。
2007/07/14(Sat) 21:17 | URL  | レミ #-[ 編集]
ふみっこさん、ご無事で何よりでした^^;
子供の頃にしていたコトって、今じゃ絶対出来ないって思いません?
私も虫捕りやサンショウウオの卵も取ったりしてたけど、今やれって言われたら卒倒もんですよ(笑)
スズメバチは身を低くしても、黒いものには反応するんですよね(;・∀・)
2度刺されると危ないって言いますね。
うちの旦那サマはリーチかかってますから(笑)
2007/07/13(Fri) 20:31 | URL  | tomo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。