仕事をしているふりをして、こっそりとFXや中小企業診断士の勉強をしているチョイワル会社員の日常を覗いてみてください。様々なことをたくらんでいます(笑)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の行く道についてのヒント
2006年08月16日 (水) | 編集 |
先日なにかの本で将棋の羽生喜治さんがおっしゃってた「ある言葉」がやけに本質を突いていて僕のこころに引っかかったので、ちょっとばかり考え事をしてみようと思ふ。

羽生喜治さんのセリフそれは…

「IT時代になって将棋の世界に起きた最大の変化は、将棋が強くなるための高速道路が一気にできたということ。ですが高速道路を走り抜けた先では大渋滞が起こっている」(注:ふみっこのうろ覚えです…)
いや~本質突いていると思いませんか?

「高速道路」
インターネットの普及により様々な「情報」が簡単に手に入れることができるようになりました。
インターネットが普及する以前の時代には、自分自身で経験したり投資したりして見につけなければならなかった「知恵」や「方法論」が楽に手に入るのです。
ある一定の高水準レベルに達する時間は、普及前とは違いかなり高速でたどりつくことができるようになりました。

「大渋滞」
無料で簡単に高水準レベルの知識が手に入るようになりましたが、そこから一歩先のレベル(プロレベル)に行くためにはかなりの努力や創意工夫が必要となります。
しかし努力するクセが身についていない人はそこから先の苦労に耐えることができず右往左往し前に進むことができません。それに加えどんどん高速道路に乗って後から来た人が追いついてくる。
まさに大渋滞が起きている訳です。

旅行業界は今まさにそんな状況です。

下道しかない時代(インターネット普及前)は「観光地の情報を知っている」というだけで食っていけました。その「観光地の情報」という目的地に行くためには「莫大な時間と費用」がかかったからです。
皆、旅行会社のセールストークを疑がうこともしないで、
「カニはここのが一番ウマイ」と旅行会社が言えば
「ヘー。じゃあそこ行こう!」。
「今回ツアーで宿泊するホテルはなかなか泊まれないんだよ~」と旅行会社が言えば、
「すごーい。そんなとこに泊まれてラッキー。ありがとうございます!」
「常」に旅行会社が上にいました。

ところが「高速道路インターネット」が開通しました。
「観光地の情報」という“目的地”に無料で簡単に行くことができるようになり、旅行会社と一般のお客様の知識レベルがほぼ一緒になりました。
それだけでなく、ピンポイントで情報を調べてくるお客様には情報量では旅行会社もかないません。
「カニはここのが一番ウマイ」と旅行会社が言えば
「ウソ!こっちのカニの方がいいって何かで見たよ!」。
「今回宿泊のホテルはなかなか泊まれないんだよ~」と旅行会社が言えば、
「そんなことないよ。ネットでもっと安く泊まれるよ!」
とまさに高速道路の先の「大渋滞」が起こっています。

旅行会社はその大渋滞を抜けるために何をすべきなんでしょうか?
正直どこの会社もまだ何をすべきなのか見えていません。試行錯誤です。
今のままでは旅行会社はそのうち愛想をつかされて生き残ってはいけないでしょう。

大渋滞から抜け出すには、高速道路に乗ってきた人達をさらに凌駕するアイデアを持ちあわせているか、発想自体を変えて、高速道路が通っていないところに活路をみいだすかのどちらかしかないように思います。

それは人生もしかり。
さて司法書士はどうでしょう。
司法書士合格への「高速道路」はできていると思います。
でもそれは「予備校」という有料道路。
「無料の高速インターネット道路」は開通していないのか?
勉強に裏技は無い!という言葉が代表するように「下道もしくは有料道路」をアピールされているのが悲しいかな現状です。
「無料高速道路など存在しない」と言い切って邁進するのが王道であろうが、もしあるのなら「無料高速道路」に乗りたいものです。「無料高速道路開通」に気づかないということは避けたいなぁ。。

いつも「高速道路」が開通していないかどうか「アンテナ」を張りつつ下道を歩き、
きたるべき大渋滞(合格レベルの団子状態)をどう突破するかを早い段階から準備していくのが良い方法だろう。

受験生の悩みはつきません。。。

ひさびさのお勉強時間
昨日の夜…2時間(会社法/組織再編)
朝マック…1時間30(会社法/組織再編)
昼食時…1時間(憲法/復習)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。