仕事をしているふりをして、こっそりとFXや中小企業診断士の勉強をしているチョイワル会社員の日常を覗いてみてください。様々なことをたくらんでいます(笑)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和の函館~ワニとの遭遇~
2007年03月16日 (金) | 編集 |
今日は何故だか日中、子供のときのことばかり思い出していた。
ふみっこは小学生のころ
函館の山中で「アリゲーター(ワニ)」に鉢合わせたことがある。
その時の話をしよう。。。
昭和の函館

悪ガキ全盛期の小学1年のふみっこは
幼稚園からの友人タクジと「あること」を企んでいた。。。


当時の小学生の行動範囲は、交通事情の発展した現在とは違い
「自宅」と「学校」と「友達の家」の間くらいしかなかった。


「なぁタクジ。この道、行き着くとこまで行ってみねぇか?」


自転車という超行動的なアイテムを手に入れたばかりの
2人は「未知のゾーン」への冒険に心躍らせていた。


ふみっこの家の前の道路を、山の方角へ突き当たるまで行くのだ。
ふみっこの家から少し行くと「国立病院」があり、そこから先の道路は奈落の底のように急斜面になっている。そこから先には行ったことがないのだ!未知との遭遇だ。


国立病院前の下り坂を前に意を決した2人。
「行くぞ!」ウオオオオオオ!
びゅー!風を切る。
「俺達。今、風になってるぜ。。。」

びゅーっ。ものすごいスピードで坂道を下り降りる。
当時の2人にとっては命がけのスピードである。だが怖さというよりは目の前に広がる見たことのない景色にただただ感動していた。
「小宇宙を感じるぜ。。。」


「ゲッ!」
約500mほどの坂道を下ると、目の前には延々と続く上り坂が待っていた。だがそんな坂道にへこたれる2人ではない。
汗だくになりながらも、まだ見ぬ坂の上の景色を求め
延々と登っていった。


実はふみっことタクジは10年後、この坂の上の「函館北高校」に一緒に入学することになる。。。
高校時代のふみっこの脚力でも学校までの通学時間は自転車で
行き20分、帰り5分であった。
このことからも、上り坂のすごさは想像できるであろう。


1時間ほど登ったであろうか。(小学1年の脚力なもんで…)
ふみっこの家の前の道路は山の壁に突き当たって直角に左に曲がっている。
左方向には道がまだ続くが、ふみっこ達にとってはそこが終点だ。


「タクジ!見ろ。水が流れているぞ。沢だ!」
行き止まりの山壁からは水が流れてきている。
そんなのを見つけたら登らずにはいられないのが小学生なのだ!


「行くぞ!水源地まで!」
「オウ!地球の反対側まで行ってやるぜ!」
もう誰にも止められない。。。


草木を掻き分け、水の流れに沿って登っていく。
当時の山には何が出てくるかわからないなんとも不気味な雰囲気があった。
ブーンという虫の羽音と水の流れる音。そして2人の足音しか聞こえない。


水の流れが前方で大きく左に曲がっている。
左側から大きな木が、川面に覆いかぶさっていた。


その覆いかぶさった木を越えると
目の前にヤツはいた!

ワニだ!

アリゲータだ!

MA・JI・DE(ノ゚⊿゚)ノ


ウオオオオオオおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
全速力で逃げるふみっことタクジ!


50mほど転げ落ちながら逃げた2人は顔を見合す。


「み、見たか?」
「見た!…ありえねぇ。。。」



目の前で起こったことが信じられない2人。。。
そりゃそうだ。こんなところにワニがいる訳ねぇ!


「確かめるぞ!」
男は逃げちゃ負けだ。そんなことはガキでもわかっている。
ここは函館。新撰組土方歳三の終焉の地なのだ。
「敵前逃亡は断じて許されないのだ!」
※このころからウザいふみっこでした。

ワニ出現ポイントのコーナー手前まで来た。
「タクジ先行けよ。」
「ふみっこが先行けよ!」

粋がってる割には小心です。。。「じゃぁ2人で行くぞ!」





南無さん!!!!!(-∧-;)






ガオーーーーーー!
ワニだよん

は、剥製?

こんなところに捨てるなーーヾ(`Д´)ノ


実話です。。。

押してくれたらうれしいです!
上位を目指してま~す☆
応援よろしくです(*^ー^)

人気ランキングにも参加してます。クリックお願いします♪


押してくれたらふみっこご機嫌♪
一日に1回クリックお願いします(^-^)ノ~~
ただいま北海道ブログに挑戦中!FC2ブログランキング


【本日のFX談】
今週も終わりですね。今週の相場は上がったり下がったりでなんとも落ち着きのないものでした。
今日は円高傾向でドルもポンドもユーロ下落してます。
※何故かふみっこが売っている
豪ドルだけ値下がり幅が少ないヾ(`Д´)ノ もっと下がれよう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ぷらざでんちさん☆こんにちは。
ふみっこは「半ベソ」はかきませんでしたよ。あまりに遠くにいったときは父親に電話して車で迎えに来いっていってた世話のかかる子供でした☆

はとこさん☆こんにちは。
タクジにはもう10年くらいあってないですね~。
不思議なもので幼稚園入学から高校卒業までずっと親友でいたので、ずっと逢っていなくても「あいつはどこかでちゃんと生きているだろう。」という気持ちでまったく寂しくないんですよ☆
同窓会は一回もないしなー。呼ばれてないだけか(;´Д`) ?

ma3koさん☆こんにちは。
今の子供たちは、完成された世の中に暮しているから昔みたいな、どんどん発展していく世の中を感じるというような感覚はないのでは?

ハリーさん☆こんにちは。
やったねぇ。外のはしご登るの!
降りるときの最初の一歩が怖いんだよね☆
病院の屋上とかいったなぁ。。。

ひぐ蔵さん☆こんにちは。
そうですね。ドキドキ感ですね。
昔を思い出すときはだいたいチャリに乗ってますね。そういうドキドキ感が記憶に残っているのですね☆

kuriaさん☆こんにちは。
そうですね~。いままでニュースに出たことないからなぁ。。。チャンスだったのに!ちぇ。

YAN-Cさん☆こんにちは。
あ。ほんとにやりそうだな(笑)
ワニがほんものだったら今頃ふみっこはクロコダイルダンディーになってましたよ☆
2007/03/19(Mon) 12:07 | URL  | ふみっこ #3XNUv4lM[ 編集]
おはよう
ワニの剥製を川とか池に捨てると面白いということは、分かりました。
今後積極的に・・・、いや、持ってないし。
しかし、無事でよかった。
本物なら今頃・・・。
2007/03/18(Sun) 06:54 | URL  | YAN-C #XvVDGNCI[ 編集]
ワニ本物だったらふみっこニュースに出ることになっただろう^^
2007/03/17(Sat) 23:55 | URL  | kuria #-[ 編集]
お久しぶりです!ひぐ蔵です。
少年時代の冒険・・・自転車・・・思い出しますねぇ。当時決して楽な生活ではなかった中、両親が俺に買ってくれたチャリンコを大事に乗ってましたよ。友達とつるんで禁断の校区外へ足を踏み入れるドキドキ感がよかったなぁ。
2007/03/17(Sat) 10:18 | URL  | ひぐ蔵 #-[ 編集]
おいっーす!
一応、我々世代のあいさつから!

いやースタンドバイミーだね。ハリーも都会ではあったが五階建て位のビルの屋上へ外付きのハシゴで登ったりしたなー、懐かしいよ!
2007/03/17(Sat) 08:54 | URL  | ハリー #-[ 編集]
こんばんは
ふみっこさんの子供時代が想像できました。
子供の頃しかできない”冒険”私もしましたよ!
知らないところへ行くことのスリルみたいなの楽しかったな。
今の子供たちにこんな思い出はあるのかなぁ~
2007/03/17(Sat) 01:06 | URL  | ma3ko #-[ 編集]
こんばんは
結局は、剥製だったんですか?残念。
それで、今も、タクジ君とは、仲良しですか?
会うのは同窓会くらいかな?
2007/03/16(Fri) 21:28 | URL  | はとこ #ASaEpzQ2[ 編集]
久々のコメントです!^^;
自転車で遠くまで冒険してみる・・・
子供の頃は誰にでもある経験ですよね!!
私も遠くまで行ったのは良かったんですが、
あまりにも遠すぎて、帰りは「半べそ」かいてたのを覚えています…(><)
2007/03/16(Fri) 19:06 | URL  | ぷらざでんち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。