仕事をしているふりをして、こっそりとFXや中小企業診断士の勉強をしているチョイワル会社員の日常を覗いてみてください。様々なことをたくらんでいます(笑)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はめずらしく仕事の話。
2006年08月02日 (水) | 編集 |
私が勤めている旅行会社“何たらホリデー”のWeb環境が急激に進化を遂げています。
私が入社した10年前の我社は、予約のお客様は全てホワイトボードに手書きで管理。それをデスクから双眼鏡を使って眺めながら電話予約受付!参加者に配ったり航空会社に提出する参加者名簿も手書き!などなど、すべてが台帳管理という超ノスタルジック?な世界でした。


ちょうどその年に初めてコンピュータを導入し、皆老いも若きも男も女も、
「予約を受けるたび、ホワイトボードに書かなくてすむ!」
「名簿作成も手が全く疲れない!」
「もう双眼鏡を首からぶらさげなくていい!」
などと画期的な業務改善に喜んだものでした。
それが今はホームページリンク!すごい進歩ですね。


ここ数週間、そのHPリンクシステムを稼動する準備にてんやわんやです。
サイトから直接予約を取れるようにするためには、先ず全コースの出発及び受付状況をHP上で見られるようにしなければなりませんので、社内コンピュータの集客状況検索システムをリアルタイムで表示させるプログラムを作成してもらいアップしました。
次にHPにコース内容をアップする作業です。
ツアーの行程表やポイント、食事条件、宿泊ホテル、旅行代金などツアーパンフレットを作る要領でエクセルで作成しCSVに変換してアップしていきます。
それと今度は社内コンピュータへのツアー登録です。ツアータイトルや受付できる席数&オプションの数などを入力していきます。
そして一番の肝は、リンクのシステム立ち上げです。
HP上で予約をとったときに、きちんと社内コンピュータに顧客情報が書き込みされるか?
具体的にいうと、名前、ステータス(大人・子供・幼児)、旅行代金が指定した通りに入力されるか?在庫ブロックが人数分落ちているか?そして、予約をした方に予約完了確認メールがちゃんとしたフォーマットで文字化けせずに送信されるか?などなどです。
これは実業務で発生しうる全ての、予約・変更パターンを検証しなければなりません。こんなイレギュラーがきたらどうする?こんなパターンだったらどうする?など色々と妄想を膨らませながら実験します。


今この記事も、作業と作業の合間にカキカキしているので、自分でも何を言っているのかわからなくなってきました。とゆうことで今日はこれくらいにしときます。ムー。
明日はゴルフコンペ!頑張るぞ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。